スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肩が痛い!顛末記(その2)

12月14日
いよいよ上京する日。
痛み止め(ロキソニン)は強い薬だそうなので、あんまり飲みたくないが痛くて動けないから仕方がない。
8時半頃飲んで、次はホテルに着いてから飲もうと思っていた。
旦那さまが仕事に行ったので、タクシーを呼んで空港へ。
東京からの便が、まだ着いていなかった。

遅れていた飛行機が着いて、整備のため11時35分発が12時発になる、とアナウンス。
まだ余裕だと思い、のんびり本を呼んでいたら、、。
「機体に雷が落ちて整備不能なので、欠航になる」と言うではないの。
なんてことよ!
そのうち、4時間近く遅れるが、次の便に乗せてくれる事になり、「お食事券を出す」と。

JRに乗り換える人もいたけど、JRも怪しいらしいので、私は空港で待つことにした。
ホテルへ寄る時間はなくなったけど、コンサートには、なんとか間に合うでしょう。

お食事券とは、空港内のお店で使える1,000円券
2軒のお店の前には順番待ちの人がズラリと並んでいた。
2階の軽食のお店に席があったので、そこでトースト・セット600円と、アイスクリーム400円
全額使ったわ

12時発の大連便が飛び立ち、札幌からの便が着いた。
そしたら、札幌からの機体にも雷が落ちて、やっぱり整備不能になったとか。。
折り返しの札幌行きは欠航になった。
札幌便は1日に1往復だけなので、今日はもう行けないってことね。

何やかやと遅れて着いて、乗れた京急空港線エアポート快特・成田空港行は5時1分発。
東松戸で乗り換えれば、コンサート会場最寄り駅には、6時21分に着くはず。
電車に揺られていたら、肩の痛みやら初めて乗った電車で様子が分からず不安になり、矢切駅で降りちゃった。
トイレへ行って(笑)落ち着いて、調べてみたら、2つ前の駅だった。
そんなこんなで、最寄り駅からタクシーを飛ばして着いたのが、7時過ぎ。

Jちゃんを手伝っているジジさんが、会場の外に出て待っていてくれた。
みんなに心配かけてしまったわ。ありがとー♪
コンサートは、1曲めが済んでMC中。やれやれ!

今回のコンサートは、バイキングのクリスマス・ディナー付きだった。
一緒にいく約束をしていた「ち」さんが、席と食事を確保してくれていた。
ありがと~~~!
MCの間にせっせと口を動かし、曲に入ると耳をそばだて
Jちゃんは、クリスマスカラーの真っ赤なブラウス。
コンサートは約1時間。
コンサート後はキャンドルを灯し、賛美歌をみんなで歌い、教会のクリスマスを満喫。

帰りは「ち」さんと駅までの道を歩く。月がキレイ
武蔵野線で「ち」さんと別れ、中央線に乗り継いでK祥寺のホテルに付いたのは、10時20分。
薬が切れて、ぐったり。
荷物が部屋で待っていました。

肩をかばって寝る姿勢が不自然なので、夜中も何度も目が覚め、苦しいこと!
15日は日曜日だから、久しぶりに礼拝に行く予定だったけれど、無理 

12時のチェックアウト時間まで部屋で休み、荷物を宅配便で送り、身軽に出発。
15日のコンサート会場は、M蔵野公会堂。
「ち」さん、aさん、Mさん、顔なじみのファン仲間と揃って、孤児のためのチャリティコンサート参加。
3組のアーチストと、司会に和太鼓奏者、と豪華なコンサート。
Jちゃんの演奏も素晴らしくて、楽しめた

2時間半のコンサート後は、挨拶もそこそこに、すぐ近くのO先生の治療室へ。
急遽、診て頂いた。
「炎症だけでは無いと思う」と言われ、腕を三角巾で吊るようアドバイスされた。

6時20分発のリムジンバスで羽田へ。
乗ってすぐに痛み止めが切れた。
来る時の失敗で反省し、バッグに持っていた薬を飲む。

じわじわ効いてくる薬を感じながら眺めた窓外は 超~綺麗
高層ビルや樹々のイルミネーションが、クリスマス・バージョンで華やかに光っていた。
東京タワーが、赤、青、オレンジ、白で、とても綺麗!
(翌日の新聞で、15日からオリンピックカラーになったのを知った)
レインボーブリッジは、虹色にライトアップされていた!(苦笑)
お台場の観覧車や、湾岸の明かりも綺麗で、疲れを忘れそう。

羽田への道は空いていて、45分間で着いちゃった。
8時5分発最終便は、揺れると言いながらも順調に飛び、定刻前に無事到着。

ま~、なんだか、とんでも無い二日間だった気がする。

コメントの投稿

非公開コメント

クロ
プロフィール

bluemoon

  • Author:bluemoon
  • お気楽日本人 
    O型 水瓶座
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
大きくな~れ
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。